大館曲げわっぱ
国指定伝統的工芸品

大館曲げわっぱ(おおだてまげわっぱ)は、
秋田県大館市の工芸品で、天然秋田杉の薄板を曲げて作られる円筒形の木製の箱(曲物)のことである。江戸時代から伝わる伝統工芸品で1979年(昭和54年)に設立された大館曲げわっぱ協同組合に加盟する各社でそれぞれ製作販売されている。
財団法人 伝統的工芸品産業振興協会によって経済産業大臣指定伝統的工芸品に指定される大館市の特産品である。また、秋田音頭の歌詞の中で秋田の名物として大館曲げわっぱが歌われるなど、秋田県を代表する特産品のひとつで、秋田県伝統的工芸品に指定されている。
天然秋田杉の香りの良さや、美しい木目と色合いが食べ物をより一掃美味しくさせ、高級感があるという利点があるが、原材料が木材(杉)のため、湿気や熱湯に弱く、割れやすい、傷みやすいなどの欠点もある。主におひつや、弁当箱・わっぱ飯などに使用される。
≫ 以上参照 ウィキペディア(大館曲げわっぱ)


(大館曲げわっぱ体験工房へ)

動画 写真集 Web Site
2018(H30)年
(2018/02/01)
佐々木希の『秋田ある記』#01曲げわっぱ編│あきた美の国大使 [6:13]
あきた美の国大使を務める女優、佐々木希が「秋田の魅力発信編集長」に就任。編集長自ら取材し、秋田の魅力をお届けしていきます。
今回は、秋田県大館市で生産されている国指定の伝統的工芸品である「曲げわっぱ」を取材します。
取材地:大館市  出演:佐々木希、相場詩織  制作:秋田県
YouTube User [ akitavision ]
2016(H28)年
(2016/03/10)
手技TEWAZA「大館曲げわっぱ」odate bentwood wo [3:33]

きこりが杉柾で曲げ物の器を作ったことが、曲げわっぱの始まりだと言われています。17世紀後半、藩の奨励で下級武士の内職として発展しました。秋田杉を薄く剥いで柾目取し、独特の技術で曲げ輪を作り山桜の樹皮で縫い留めした後、底入れして製作します。木目がまっすぐで弾力性に富み、軽量で明るい優美な色合いが特徴です。

YouTube User [ 伝統工芸 青山スクエア ]

2015(H27)年
(2015/03/18)
アーツ&クラフツ商会 #10「曲げわっぱ [16:30]
BS朝日「アーツ&クラフツ商会」、3月9日(月)夜11時からの第10回は「曲げわっぱ」です。 秋田県大館市の伝統工芸品として有名な「曲げわっぱ」は、きこりが杉柾で曲物の器を作ったことに始まったとされています。 17世紀後半に大館城主佐竹西家が領内の豊富な秋田杉に着目し、武士の内職として推奨しました。農民には年貢米の供出代替として、山から城下まで原木を運搬させたといいます。天然秋田杉の柾目と香りが冴え、木目まっすぐで弾力に富んでいます。軽さと、明るく優美な木目が生かされた製品には、シンプルな味わいと気品があります。
YouTube User [BS朝日アーツ&クラフツ商会]
(2015/3/02)
大館曲げわっぱ オリジナルPV [4:55]


YouTube User [大館曲げわっぱ協同組合]
2014(H26)年

サザエさんオープニング訪問地紹介(秋田県・前編)

サザエさんのオープニング(2014年4月〜2014年6月)で
『大館曲げわっぱ』や『きりたんぽ』が紹介されています。

*[やまちゃネット]
2013(H25)年
(2013/06/27)
「伝統の技が光る大館曲げわっぱ」 [3:30]

大館曲げわっぱの歴史や伝統工芸土の技を紹介します。 (平成25年6月24日・6月27日 放送)

YouTube User [prefakita]
2011(H23)年
(2011/12/26)
伝統工芸士の作る大館曲げわっぱ [2:36]

秋田県大館市の伝統工芸品「曲げわっぱ」のご紹介。 お弁当箱、茶筒、重箱、おひつ、酒器、膳、花器、盆、菓子器等あらゆる用途に使われる-。大館工芸社の曲げわっぱ製品は、2011年度グッドデザイン賞受賞。

YouTube User [oodatekougeisha]
(2011/07/22)
栗久:曲げわっぱのルーツ [4:37]

秋田県の大館曲げわっぱの老舗:栗久六代目の栗盛俊二さんが知れれているようで知られ-ていない曲げわっぱのルーツを語ります。また、文化を語る際の大切な技術と用語がでて-くる所が、栗久の本骨頂です。撮影・編集/馬場正夫(元丸屋)


YouTube User [motomaruya]